BLOG ブログ

長岡市で外壁リフォーム(新工法塗装)を施工してます。

2020.06.02

下の写真は施工前の外壁の状態ですが、表面が劣化し、強風の雨天時は壁表面から雨水が染み込んでしまっている状態で、本来であれば張替しなければならない状態でした。

この現場は新工法塗装(FRP)を採用し、下の写真は施工中の状態です。晴天時が続いた状態に合わせて外壁に染みこんだ水分を十分に乾かし、下塗り材のFRPの塗装中の状態です。表面の傷みが著しいところはFRP塗装を2回~3回塗り重ねて雨水が染み込まないよう膜をつくります。

下の写真は下塗り後に着色して最後にUVクリアコート仕上げをして完成です。これでFRPにより表面の防水膜が生成され、建物に合った色で仕上げ塗装して見た目も綺麗に仕上がりました。

リフォームのご相談はこちらから▼

電話をかける