BLOG ブログ

外壁が傷んでリフォーム考えている方へ朗報!張替不要の新工法塗装をご紹介!長岡市・燕市・三条市・加茂市・新潟市・見附市・小千谷市・柏崎市で対応可能です!

2020.06.09

永井工業(大きな森)です。

今回は新工法塗装による外壁リフォームについてご紹介します。

外壁の張替をご検討されている方、張替をせずに新工法塗装によって費用を抑えて外壁リフォームできるかもしれませんので、是非ご参照下さい。

先ず、施工前の状況説明です。

このお宅の外壁材は窯業系サイディングが張られており、リフォーム施工前は凍害によって外壁表面が欠損している箇所が多数見られました。

また、外壁材は釘で打ち付けて留めてありましたが、釘が抜けて外壁板が浮いている箇所があり外壁板剥離の懸念がありました。

外壁コーキングも紫外線により硬化が進行してひび割れが発生し雨水の浸水も考えられます。

本来、このような状況ですと張替が必要なレベルで施主様も外壁の張替をご検討されておりました。このお宅は築15年程度でしたが、立地条件や新築時に施工された外壁の種類によっては他のお宅でもこのような事象の可能性がありますが、ご自身のお宅で外壁・屋根で傷みが見受けられたりはしてないでしょうか。

今回、長岡市内のお宅で外壁リフォームのご検討をされ、当社へお見積りのご相談をいただきました。現調の結果、外壁張替をせずに外壁・屋根の新工法塗装のFRP塗装による「外壁もどーる」をご提案させていただきました。下の画像はリフォーム前の状況です。

外壁材角部分に外壁板浮きが発生している状況でした。

↓下画像

塗装前の高圧洗浄をしたら、凍害により傷んでいる部分が剥離してしまいました。

↓下画像

コーキングも全体的に紫外線による硬化が進行しておりひび割れや外壁材との隙が発生している状況でした。

↓下画像

続いて、新工法塗装「外壁もどーる」の施工についてご紹介します。

「外壁もどーる」とは既存外壁の表面から下塗としてFRP(繊維強化プラスティック)を塗り防水膜を成型し、仕上としてUVクリアコーティングを塗る仕様となります。FRP塗装は船艇の塗装でも使用されており、水分を完全に遮断する強靭な防水機能を発揮します。UVクリアコーティングは常に紫外線を浴びる自動車の塗装のトップコートとして使用されております。

この工法は特許取得済となっており、当社としても多数の施工実績を上げております。

塗装仕様としまして、高圧洗浄→下地補修→下塗:FRP塗装(劣化状況によって1回塗り~3回塗り)→中塗:ウレタン樹脂塗料(FRPとの整合性によりウレタンを採用)→上塗:UVクリアーコートとなります。この仕様で塗装すれば15年は安心です。15年位経過すると紫外線により中塗層・上塗層の経年変化はしますので、その時点で再度塗装は必要となりますが、FRPで下塗層を成型してますので次回の塗装工程としては中塗~上塗での施工が可能となりますので、1回目よりも低コストで対応できます。今回の事例は窯業系外壁のリフォームでしたが、「外壁もどーる」は外壁の施工について、金属サイディング、モルタル外壁、ALC外壁にも対応が可能です。金属サイディングの場合、錆による腐食で穴が開きかかっている状態で張替レベルの状態でも対応が可能です。屋根の施工については、金属系、スレート系の対応が可能です。窯業系以外の施工実績もありますので、随時掲載していきたいと思います。

「外壁もどーる」の保証についてご紹介します。

施工後に万が一品質上の不具合が発生した場合は、一定の条件がありますが10年間(屋根の場合は5年間)の安心保証をさせていただきます。

通常、塗装工事において、塗装前には傷んだ部分の下地補修の施工が必要となりますが、このお宅では外壁の浮きが生じておりましたので、ビス打ち付けにより浮きの補修をしました。

また、コーキングは硬化してひび割れが発生してましたので、本来この状態ですとコーキングの打替えが必要ですが、「外壁もどーる」の施工の場合、FRPにて外壁表面を被覆しますので、コーキングの重ね打ちにて対応が可能となり、打替えに比べて低コストとなります。このお宅はコーキングにひび割れや隙が発生してましたので重ね打ちをしましたが、経年劣化によりコーキングの硬化のみでひび割れや隙が発生してなければ、コーキングの重ね打ちも必要がなく、FRPによる被覆することによって防水機能を保てますので、その分の費用が不要となります。

下の写真は下地補修・下塗(FRP塗装)の施工状況です。

下地補修して凍害によって表面が剥離した部分をパテにより成型します。

↓下画像

下地補修、コーキング補修が完了しましたらFRP下塗り塗装をします。

↓下画像

FRP下塗りが完了しましたら中塗りとして着色塗装をします。

↓下画像

最後に上塗り塗装仕上げとしてUVクリアコートを塗装して完成です。今まで傷んでいた部分がわからないくらい綺麗に仕上がりました!

↓下画像

今回、新工法塗装による「外壁もどーる」をご紹介させていただきました。この工法は他の塗装会社様、リフォーム会社様、工務店様ではほとんど採用しておりません。「外壁もどーる」を開発した当社協力会社との繋がりによりご提案できる工法です。

この工法でしたら外壁張替金額の約半分の施工費ですみます。

参考価格として、このお宅は建坪35坪で屋根・外壁全面を「外壁もどーる」で塗装して約140万円(税別)となりました。外壁張替にした場合は屋根などの塗装を合わせると約300万円弱くらいになりますので費用を抑えて傷んだ屋根・外壁が見違えるようになれば魅力ですよね!

以上が新工法塗装「外壁もどーる」のご紹介でした。ご高覧いただきありがとうございました。ご自身のお宅で外壁リフォームをご検討されている方は一度、是非ご相談下さい!

お問合せは下記↓までご連絡下さい!!

リフォームのご相談はこちらから▼

電話をかける