BLOG ブログ

夏到来

2020.07.26

皆様如何お過ごしでしょうか。本日のブログ担当高橋です。

いや~最近暑くて汗が止まりません。いよいよ夏が始まったなと肌で感じられますね。私の作業着が汗で黒ずみ、下着が透けていると同僚に笑われてしまい恥ずかしい思いをしています。

さて、汗といえば野球・・・いえ、シャワーですよね!!

今回はお風呂のメンテナンス方法です!

じめじめした梅雨どきは、油断しているとすぐカビが!
湿気がこもりやすい浴室や、 押入・下駄箱などの収納は、ふだんからカビの予防に心がけましょう。

浴室のカビを防ぐコツ

①入浴後は壁や床をシャワーで洗い流します。

石けんカスや皮脂は、カビの大好物。家族全員がお風呂から上がったら、熱めのシャワーで飛び散った石けんカスなどを洗い流し、その後、冷たいシャワーをかけて壁や床の温度を下げます。特に床の隅や排水溝付近は、しっかり洗い流しておきましょう。

②雑巾で水滴を拭き取ります。

シャワーの後は、雑巾で水滴を拭き取っておきます。水滴が溜まりやすいドアサッシや壁の目地などもキチンと拭きます。手が届かない壁上部や天井は柄付きモップで拭けば完璧ですが、あらかじめカビ止め剤を吹き付けておくという手もあります。

③換気扇を回して湿気を追放!

入浴後1~2時間は換気扇を回し続け、浴室内の湿気を追放。窓を開け(ただし防犯対策は怠りなく)、同時に浴室ドア+脱衣室の窓も開ければ、効率よく換気できます。なお、浴槽の湯を抜かない場合は、フタを閉めて湿気を防ぎましょう。

以上3点を気にしてカビを防ぎましょう!!

次回はカビの落とし方講座です!!お楽しみに!!

リフォームのご相談はこちらから▼

電話をかける